ハイヒールの歩き方

ハイヒールの歩き方にはコツがある

ハイヒールの歩き方

ハイヒールを履いて格好良く歩きたいけど、どうも上手に歩けないとか、ぎこちない歩き姿になってしまうとお悩みの人が多いようです。

 

ハイヒールで颯爽と歩くには、ちょっとしたコツが必要です。

 

ハイヒールを履いて美しく歩きたいという人のためにハイヒールの正しい歩き方のコツを紹介します。

 

内くるぶしを見せて立ち姿を美しく見せる

歩き方を美しく見せるためには基本となる立ち姿を美し見せる必要があります。

 

立ち姿を美しく見せるには、脚の内側のラインを強調することです。

 

内くるぶしを正面に向けてやることで脚の内側のラインを強調が強調され脚全体が長く細く見え立ち姿が美しくなります。

 

足裏を見せないようにつま先から着地する

スニーカーやぺたんこ靴でのウォーキングでは踵から着地することが理想とされていますが、ハイヒールで歩くときには、つま先と踵をほぼ同時に着地させることが理想です。

 

つま先から先に着地させるように意識すると足裏をみせることなく美しく歩けるようになります。

 

両足が一本の直線上を歩くようにする

ハイヒールの歩き方2

ハイヒールで美しく歩くには、両方の足が一本の直線の上を歩くようにすることが重要です。

 

左右の足跡が並行になっていると歩き姿が不格好になります。

 

上半身の使い方に注意

足の使い方を覚えたら、上半身の使い方に注意を払いましょう。

 

歩くときに顎やお腹が先に出ていたのでは不格好になります。

 

歩き姿を美しく見せるためには、上半身は真っすぐ一直線になって移動してくのが理想です。

 

お腹をへこませて腰を前に押し出す感じで歩くと上半身を真っすぐにしたまま移動できます。

 

立ち姿、歩き姿を美しく見せたい人におすすめ!

疲れにくく歩きやすいお薦めのハイヒール ブランド一覧を紹介

おすすめのハイヒール ブランド