ハイヒール 腰が痛い

ハイヒールを履くと腰が痛くなる場合の対策

ハイヒールを履くと腰が痛くなるという人へ腰痛を解消するための対策を紹介します。

 

ハイヒールに限らず、長時間の歩行や立ち仕事で起こる腰痛の原因は、ほとんどは、姿勢と歩き方に問題があるようです。

 

先ずは姿勢を確認しましょう

普通に立っているときに、猫背で上半身が丸まっていたり、お尻が突き出ていないかを確認してください。

 

猫背で上半身が丸まった状態で歩けば、前傾した上半身を腰で支えようとするため腰に余計に負担がかかり腰痛の原因になります。

 

また、お尻が突き出ている人は、背骨が湾曲している可能性が高く立っているだけで腰に余計な負担がかかる状態に陥っていおそれがあります。

 

理想の姿勢は。頭のてっぺんから踵まで一直線になることです。
真っすぐの姿勢が保持できれば腰へ余計な負担をかけることもありません。

 

姿勢に問題がある人は、先ずは姿勢を矯正して正しい姿勢を身につけましょう。

 

正しい歩き方を習得しよう

続いて歩く際の注意点を申し上げます。

 

歩くときにはちゃんと膝の裏を伸ばして歩いてください。

 

膝の裏を曲げたまま歩くと、歩く際に頭がひょこひょこ上下に揺れ、腰への衝撃が増加して腰痛の原因になります。

 

ハイヒールに慣れていないと恐怖心からか、膝を曲げたまま歩く人がいるので特に注意が必要です。

 

立っている時の姿勢と歩く際に膝をちゃんと伸ばすことを注意するだけで腰痛を解消する有効な対策になります。

 

加えて、出来るだけ歩きやすさで定評のあるハイヒールを選ぶよう心掛けて下さい。

 

痛くない・疲れないと評判のハイヒールはコチラ

おすすめのハイヒール ブランド